ヨロン島で御朱印を!島の全神社4社を紹介します!!

ヨロン島

御朱印とは参拝者に向けて向けに押印される印章のことです。
数年前から女性を中心にブームにもなりましたね。
どこの神社でももらえるわけではない御朱印。
ヨロン島でももらえる神社はあるのでしょうか。pickupしてみました。

按司根津栄(アジニッチェー)神社

こちらは800年前に琉球の敵から島を守る単に戦った英雄・按司根津栄(アジニッチェー)を祀る神社です。
今も遺骨や遺品が奉納されているとか。
小さな神社で島人にも人気のある場所です。
とくに御神職はとても人柄が良く、家内安全、厄除けはもちろん、七五三や結婚式まで寄り添った御祈祷をして頂けます。

按司根津栄(アジニッチェー)神社に行くならば、ぜひ絵馬を購入してみて下さい。
ヨロン島の形をし、熱帯魚やウミガメの絵が描かれたかわいい絵馬があります。
こんなにかわいらしい絵馬にお願い事を書けば、適うこと間違いなしです!

また、神社と言えばお守りですよね。
こちらには『星砂守』という、幸運を呼ぶと言われている『星の砂』が入ったお守りが購入できます。
心願成就、恋愛成就と、こちらも願いが通じそうなかかわいいお守りです。
お土産にもぴったりですね。

肝心の御朱印はすぐに書いていただけます。
しかし、御神職が不在のことも多いようですので連絡した方が良いですね。
神社に到着してから連絡してもすぐに来ていただけるようですよ。


鎮座地:〒891-9304 鹿児島県大島郡与論町朝戸522
電話:080-1149-8516
駐車場有・公式HP

琴平(ことひら)神社・地主(とこぬし)神社

琴平(ことひら)神社と地主(とこぬし)神社は同じ敷地内にあります。
与論城の跡地に鎮座する両神社は、ヨロン島を一望できる見晴らし良い場所。
観光スポットとしてもおすすめされているのです。

与論城は、琉球の北山(ほくさん)王の三男・王舅(オーシャン)が築城。
しかし、途中で北山王が滅亡してしまい未完成となりました。
敷地内には 王舅(オーシャン) の墓もあります。

赤い屋根の神社が琴平神社。
白い小ぶりの神社が地主神社です。
参拝の順番としては、まず 地主神社 。その次に琴平神社です。
琴平神社では、おみくじがひけます。
このおみくじは「よく当たる」と評判です♪

こちらでも御朱印を書いて頂けます。

こちらの神社はヨロン島で一番の規模の大きいものです。
とくに、城跡の境内で年に3回行われる『与論十五夜踊り』は国指定重要無形民俗文化財となっています。
時期が合えば見ておきたいですね。

鎮座地:〒891-9302 大島郡与論町立長3308
電話:0997-97-4443

高千穂(たかちほ)神社

明治政府の神仏分離に伴い奄美地方に建立されました。
高千穂神社は、中学校の裏手にあり少しわかりにく場所にあります。
知る人ぞ知るという秘境な感じになっています。

ちなみに、ここは与論島のパワースポットと言われています。
元気をだしたい方はぜひ一度訪れてみてください。

御朱印については残念ながら、詳しい情報がありませんでした。
詳しいことが分かり次第追加していきますね。

鎮座地:〒891-9304大島郡与論町朝戸975
電話:0997-97-3111

まとめ

ヨロン島の御朱印についてでした。
ぜひ一度訪れてみて下さいね。

全国御朱印図鑑
Amazon本⇒https://amzn.to/3oyX3ZZ
kindle⇒https://amzn.to/31CuG3U

楽天⇒https://a.r10.to/hu5RTm
楽天kobo⇒https://a.r10.to/hDQ4aN

タイトルとURLをコピーしました