トイストーリー3の悪いやつ『ロッツォ』本当はいいやつなのか?

エンタメ

トイストーリー3に出てくる悪いやつ『ロッツオ』

いちごの香りがするピンクのくまです。

一見優しそうですがボニーの通う保育園のおもちゃたちを支配していました。

そんなロッツオなのですが、悪役ながらファンからは人気があります。

また、その最後もかわいそうと同情されているのです。

今回は、そんなロッツォについてまとめてみました。

トイ ストーリー3の悪いやつ『ロッツォ』

ロッツォは、ボニーの通うサニーサイド保育園のおもちゃです。

イチゴの匂いのするピンクのくまで、最初は優しくウッディたちを迎えてくれました。

しかし、物語が進むにつれて悪事を働き「クズ」と思わせるような悪役となっていきました。

最後も、ウッディたちと共に焼却炉で焼かれそうになったとき、

約束を破り自分だけ助かろうとしました。

本当に悪いやつです。

ロッツォの悪巧み
ウッディたちをイモムシ組に送り、使い捨てのおもちゃにしようとした
保育園のおもちゃたちを恐怖で支配していた
焼却炉で助けてもらったウッディたちを裏切り見捨てた

悪いロッツォですが、実はこのようになってしまったのにはとある理由がありました。

トイ ストーリー3『ロッツォ』本当はいいやつなのか?

ロッツォは元々、悪いおもちゃではありませんでした。

とある女の子に可愛がられた普通のぬいぐるみだったのです。

ある日、女の子はロッツォとビックベイビー、ピエロを連れてピクニックに行きました。

楽しかった女の子は途中で眠ってしまい、ロッツォたちを忘れて帰宅してしまったのです。

ロッツォたちは、何日もかけて女の子の家へ帰りました。

期待を持って部屋をのぞくと、そこにはなんと新しいピンクのくまをかわいがる女の子の姿がありました。

その時、ロッツォの中で何かが壊れたのです。

『おもちゃはいずれ捨てられる』

悲しみ、怒り、憎しみ、そんな思いがロッツォを悪いやつにしてしまったのですね。

かわいそう、と同情する気持ちもわかります。

トイ ストーリー3『ロッツォ』その後の秘密

最後、焼却炉から逃げ出したロッツォはとある青年に拾われます。

そして、ゴミ収集車に張り付けられてしまうのです。

悪役が最後はひどい目に合うという、典型的なラストですが実は『この青年』に秘密があるのです。

どこかで見たことがありませんか?

実はトイストーリー1で、おもちゃたちの敵であったシドなんです!

あのおもちゃをバラバラにして遊んでいた少年シドの、成長した姿が見られるなんてサプライズですよね!

ファンキーな性格や、トレードマークのどくろのTシャツも一緒。

因みに、声優さんも一緒ですよ。

過去を反省し、壊れたおもちゃたちを救うためにゴミ収集車の運転手になったとか。

まとめ

トイストーリー3ロッツォについてでした。

ロッツォは女の子が忘れてしまったというアクシデントから

おもちゃはいずれ捨てられると性格が歪んでいき悪役となってしまいました。

なにか、救いがあればロッツォはまた違う道を歩めたかもしれませんね。

人も同様に、ほんの些細なことで道がずれてしまうことがあります。

その時にさせてくれる人がそばにいると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました