title_diary

上棟式をしました

P2081746 P2081756 P2081759一昨日の夕方、上棟式をしました。施工会社の阿野社長と一緒に屋根に登り、棟木と家の四隅の柱に酒、米、塩を振りかけた後、祝詞を唱えて繁栄を願いました。

 

餅撒きには親族や近所の人の他、方言と草木染めの学習に来ていた与論中学校の生徒達も参加しました。紅白餅とお菓子、多くの人とご縁があるようにと5円硬貨を撒きました。

茅葺き民家の組上げ開始

P2011505 P2021581 P2021520 P2021570昨日、木工所で切込みを終えた材木が届きました。茅押さえ(プーと言う)の竹(ホウライチク)と垂木の上に編むリュウキュウチクも揃いました。

 

 

 

 

 

そして今朝8時。一本目の柱が立ちました。そして夕方には内側の主要な柱・梁が組み上がりました。大工さん達の手際の良さと連携作業は見事です。シンズミどおりに柱が立ち、また垂直に立っているかを確かめて修正する、建て起こしもスムーズにいきました。

寒い日が続いています

P1221462 P1221469与論もこのところ寒い日が続いています。週間予報によると明後日は最低気温が10度を下回るとのこと、ひょっとするとあられが降るかもしれません。

今日も各地からお客さんがおいでになりました。写真は関東からいらしたウォーキングツアーの方々です。北風の強いなか、おいでくださり有り難うございました。
茅葺き家の工事は基礎ができあがり、木工所で材の加工に取りかかっているところですが、茅刈り作業のほうが遅れがちで焦っています。

サトウキビの穂とグァバ

P1091431 P1091434 P1091438 P1101443昨日は関東地域から奄美5島巡りツアーの人たちがおいでになりました。東京→那覇→与論→沖永良部→徳之島→奄美大島→加計呂麻島のコースだそうです。羨ましい。私も仕事を離れてゆっくり旅をしてみたい。

 

島内ではサトウキビの刈り取りも始まりました。夕方、茅刈りに行く途中、キビの穂がきれかったので写真に撮りました。

 

 

島の南側からは沖縄本島が近く感じます。先月は対岸の海岸近くのコテージに泊まりました。

 

グァバは夏の果物。しかし、民俗村には今、時季外れの実がいっぱい付いています。もちろん、ちゃんと熟します。味もグッドですよ。

「与論1周ウォーク」ご一行様

P1061428 P1061430昼前、「クラブツーリズム与論1周ウォーク」ご一行様がお見えになりました。日頃、ウォーキングをされていらっしゃる方々でしょう、民俗村到着時にもお疲れのご様子もなく、皆さん、元気はつらつでした。

家内は接客の合間に糸芭蕉の繊維取りをしたり、パパイヤの漬物の下ごしらえに大忙しでした。写真のパパイヤは数日後に醤油漬けで売店に並びます。他に味噌漬け、ウコン漬けもあり、民俗村の人気商品です。