blunt wordsを歌ったペギースーの正体(オリジン)は?竜とそばかすの姫を徹底考察!

エンタメ

細田監督の最新作【竜とそばかすの姫】は大ヒットしましたね!

現実の世界では自信が無いけれど、仮想現実<U>では大人気の主人公。

共感できる部分も多く、映画館に何回も足を運んだ人も多かったのではないでしょうか。

そして物語もいいけれど、挿入歌もいいんですよね。

『blunt words』は全歌詞英語ですが人気の曲のひとつです。

ベルが登場する前<U>で人気だったスター【ペギースー】が歌っています

そのペギースーの正体は一体誰なのでしょう。

演じている声優さんについてもまとめてみました。

【竜とそばかすの姫】blunt wordsを歌っているのは誰?

blunt wordsを歌っているのはペギースー。

ペギースーは仮想現実<U>での元スター歌手です。

人工知能ではなく、世界のどこかにオリジンがいます。ベル(鈴)と同じです。

ベルの登場を誰よりも嫉妬していました。

その激しい嫉妬心や厭味ったらしい性格から最初は、あまり良い人間には見えませんでした。

しかし、最後はベルを誰よりも応援するようになる

竜とそばかすの姫のもう一人の歌姫なのです。

ペギースーの声優は誰?

ペギースーを演じたのはermhoi(エルムホイ)さん。

日本とアイルランド双方にルーツを持つ女性シンガーソングライターです。

エルムホイさん、なんと今回が初声優だったと!!!

始めてと思えないその演技力に、ファンからも絶大なる人気を得ました。

blunt wordsはどこで聞ける?

ペギースーはベルをライバル視する役どころです。

そのため、登場もあまり多くはありません。

その素晴らしい歌声に、もっと聞きたいと思ったはずです!

劇中の挿入歌はオリジナルサウンドトラックに収録されています!

もちろん、【blunt words】も収録されていますので、ぜひ気に入った人は購入してみてくださいね。

ペギースーだけでなく、ベルの歌も収録されています。

心だけでなく、脳までもが震える音楽をぜひ!

【竜とそばかすの姫】ペギースーの正体(オリジン)は?

ペギースーの正体は、残念ながら明かされませんでした。

オリジンも不明です。

しかし、作中でベルが竜のためにアンベイルするシーンがあります。

アンベイルとは、現実の自分の姿にもどること。

それをみたペギースーは

ベル、歌え!!!!

と、誰よりも憎んでいたはずのベルを応援します。

頑張る姿は応援したくなりますよね!

ペギースーは
『素顔はベルよりひどいかもしれない』
『現実では夢を見ることができない底辺暮らし』

など、自信の無さが現れるセリフを言っています。

ベルと鈴と、自分が重なったからこそ応援したのでしょう。

ペギースーのオリジンは、劇中でも小説内でもわかりません。

しかしベルと同じ、それ以上に厳しい環境で生きている女の子なのは間違いなさそうです。

まとめ

  • 竜とそばかすの姫の挿入歌【blunt words】を歌っているのはペギースー。
  • ペギースーはベル登場以前のスター歌手
  • そのオリジンは不明
  • ただ、ベルと同様『自分の容姿や環境に自信のない女の子』

以上、竜とそばかすの姫のペギースーの考察でした。

タイトルとURLをコピーしました