Awesome City Clubはなんて読む?プロフィールや代表曲を紹介!

音楽

2021年も紅白歌合戦は盛り上がりましたね。

中でも初出場であったAwesome City Club(オーサムシティークラブ)はどのような歌手なのでしょうか。
メンバーのプロフィールや代表曲を紹介します。

Awesome City Clubとは?名前の読み方や結成の由来などを紹介

Awesome City Clubは『オーサムシティクラブ』と読み、ファンの間では『ACC(エーシーシー)』として親しまれています。
男女ツインボーカルの三人組バンドで、結成は2013年です。

結成までの道のり

主宰であるマツザカタクミ(2019年脱退)がatagi(アタギ)を誘いバンド活動が始まりました。

その後、atagiの知人であったユキエ(2020年脱退)をスカウト。
更にモリシー、PORIN(ポリン)がメンバーに加わり5人組バントとしてスタートしました。

2015年4月には『Awesome City Tracks』にてメジャーデビュー。

しかし、2019年8月マツザカタクミが脱退。
更に2020年8月ユキエが脱退し、今の3人組となりました。

Awesome City Clubという名前の由来は?

1、プロジェクト集団を目指していたマツザカタクミが『City Club』というフレーズを考案
2.読み心地の良さから『Awesome』という単語を付け加える。

この2点が合わさり、オーサムシティクラブとなりました。
welcome(ウェルカム)やbeautiful(ビューティフル)という単語も候補にあったそうですよ。

オーサムシティクラブのメンバーの名前や年齢

現在のメンバーであるatagi、PORIN、モリシーのプロフィールについて見てみましょう。

atagi(アタギ)

(黒髪の男性)
5月2日生まれ(年齢は非公開)
ボーカル、ギター担当。
ほぼ全ての楽曲の作詞作曲をしている。
他アーティストへの楽曲提供も精力的に行っている。
趣味は魚。自宅で魚を飼えないため動画で魚を楽しんでいるとか。

アタギさんのTwitterはこちら→@atagi_acc

PORIN(ポリン)

1990年10月2日生まれ。
ボーカル、シンセサイザー担当。
作詞担当。
自身がディレクターを務めるアパレルブランド「yarden」
元TBSアナウンサーの笹川友里さんが同級生

ポリンさんのTwitterはこちら→@pppppporin

モリシー

1987年5月11日生まれ
ギター、シンセサイザー、ボーカル担当。
サポートミュージシャン、レコーディングエンジニアとしても活動を行っている。
趣味はコーヒー。
2020年には永福町で「MORISHIMA COFFEE STAND」の店主をしているとか。

モリシーさんのTwitterはこちら→@Macro_creaM

オーサムシティクラブ旧メンバー紹介と脱退理由

Awesome City Clubは3人組のバンドでしが、元々は5人組です。
2名の旧メンバーの紹介とその脱退理由をまとめてみました。

マツザカタクミ

元 ベース、 シンセサイザー、ラップ担当。
Awesome City Clubの主宰でしたが、2019年8月に脱退しました。
その理由は公式HPでは以下のように言っています。

デビュー4年目を迎え、Awesome City Clubとしての今後の活動スタンスや、向かうべき方向性を改めてメンバー5人で話し合いを重ねてきた結果、ズレが生じてしまい、このままの5人で活動を続けていくことが難しい、という結論に至りました。

Awesome City Club公式HP

方向性がズレてしまったようですね。
初期メンバーが脱退していくことは、非常に寂しく感じます。

ユキエ

元 ドラムス、ボーカル担当。
ユキエも2020年8月に脱退しています。
理由は公式サイトにこうありました。

メンバー同士、お互いそれぞれ一人の人間として、将来の事や幸せの形に向き合った末の結果である事を理解してもらえると嬉しいです。

Awesome City Club公式HP

コメントからもわかるように、メンバーはお互いを非常に大切に思っているようですね。
その結果、もっと輝ける場所があると脱退に至ったようです。

お二人とも互いのために、またAwesome City Clubのために、という前向きな理由は素晴らしいですね。
別々の道を歩んでいくことにはなってしまい、ファンにとっては悲しいですが音楽で心はつながっていくのでしょう。

Awesome City Clubの代表曲

Awesome City Clubの代表曲3つご紹介します。

勿忘(わすれな)

Awesome City Clubを有名にしたといっても過言ではない 勿忘(わすれな) 。
読み方が難しすぎるとも話題になりました。
この曲は、菅田将暉さん、有村架純さん主演の映画『花束みたいな恋をした』でインスパイアソングとして使用されています。

今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

この曲を説明するなら『エモすぎる』というくらいの世界観。
男女ツインボーカルだからこそ、繊細な感情が出せるとファンの間で人気の一曲です。
ぜひ、5人組だった頃のAwesome City Clubを堪能してください。

アウトサイダー

こちらも五人組だった頃の楽曲で、今でも非常に人気なのです。
完成度が高い!名曲すぎる!と、当時から注目していたファンも多く、
まさにAwesome City Clubの原点と、聴く人の耳を唸らせます。

まとめ

Awesome City Clubはまだまだ始まったばかりのバンドです。
今後もいろいろな顔を見せてくれると思うとわくわくしますね。

タイトルとURLをコピーしました