茶花小学校3年生が来村

昨日、茶花小学校の3年生が社会科見学で来村しました。

現代の生活では見慣れない家屋や民具などの解説に、多くの児童たちが熱心に耳を傾けていました。

与論の子どもたちの多くは、高校卒業後、島外へ進学や就職します。こうして島にいる間に、自分が生活している与論の歴史や文化、自然などにたくさん触れて学んでいってほしいです。

また私たちは、そのような機会を子どもたちにより多く提供できるような環境を、これからも作り続けていかなければと改めて感じました。